12歳愛犬の突然の不調…これは尋常でない。

昨夕まで元気に夕ご飯を食べていた愛犬が、翌朝、身体を固く丸めて、すっかり力が抜けたようになってしまったのです。

どのような症状でも、いつも元気な愛犬がぐったりとしてしまったり、ごはんも食べない、となると、飼い主は本当に心配するものですね。
うちの犬はミニチュアピンシャーの12歳です。
もう高齢犬ですから、何か重大な病気にかかってしまったのではと、いろいろなことが頭を巡ってしまうことでしょう。

うちの愛犬は、朝から身体を固くして、すっかり元気がなく、背中をなでると嫌がるようでした。
よく観察したところ、背中が痛いから、背中を固くしているようなのです。
また、鼻もグーグーと鳴らすし、ほっぺたの下の方が腫れているようです。
食事を食べなくなることは年に1~2回はありますし、1週間くらいの下痢や風邪も、年に1度くらいはあります。
一日要すを見てみようかと考えつつ、観察したのですが、どうも尋常でない元気の無さです。
自分の都合で翌日は病院へ行けないので、もうその午前中に病院へ連れて行きました。

血液検査の結果、ほとんどが異常なしなのですが、炎症を表す数値が高いのです。
レントゲンを撮り、背骨の変形がみられました。
抗生剤を5日間処方され、ほっぺたの腫れについては組織を検査へまわしてもらうことになりました。

高齢犬の不調は、体力的なものもさることながら、どんな重大な病気にかかっても仕方がない…と思わざるを得ません。
うちの夫なんかは、そういった理由から、病院へ向かう私と愛犬に対して「もう高齢犬なんだから覚悟した方はよい」と言ったのです。
私への思いやりや、きれい事だけでは済まされないことを告げたつもりでしょう。
でも、どんな状態かもまだわからないし、まず先決は、早めに病院で診てもらうことに尽きます。
具体的な検査をすれば、きちんと対処もできます。

飼い主であれば覚悟はもちろん、していますよね。
うちの夫のようにそれを言葉に出すのは、無責任です。
まずは病院へ連れて行くのを手伝うことでしょう。

おかげさまで愛犬は、5日間抗生剤を飲んで、すっかりよくなりました。
原因としては、背中の骨の変形が神経を刺激して痛かったのかもしれませんし、風邪の症状で鼻腔が腫れ、リンパ腺が腫れたのかもしれません。
その後に結果が出たのですが、リンパの組織検査は悪性ではありませんでした。
よって、今回の酷い不調の原因は、はっきりとは特定できませんでした。

私が今回のような高齢犬の病気、不調の対処で大事だと思ったことは、やはり、病院へは早く通院することと、観察力が重要という2点です。
獣医さんも気づかない症状がやはりあります。
それは普段から気にしている飼い主だからこそ、気になる異常点を観察しておいて、獣医さんに伝えることこそが使命だと思うのです。
リンパの腫れは、高齢犬だからといって、最初から腫瘍を疑い、悪性か陽性かと脅かされてしまうわけですが、最近いびきが大きくなっていたという観察を伝えることで原因の可能性が広がりますし、背中が痛いのかお腹が痛いのかよくわからない症状だったのですが、背中の硬さが昨夜と違うと気づいたことが、早く通院するきっかけにもなったのです。

高齢犬だからといって、なんとなく静かにそっとしておこう…というのではなく、積極的に普段から愛犬の観察をして、身体をなでてあげると同時に体調をチェックしてあげること。
これは飼い主にとって大事で、それらを獣医さんにきちんと伝えていくこともとても大事です。
愛犬が元気になるドッグフードの選び方はこちら→無添加ドッグフードランキング【安心・安全なフードを選ぶならコレ】

続きを読む

10万キロの車でも買い取ってもらえた話

車は長年ホンダのフィットに乗っています。ちなみにもう2台目のフィットになります。なぜに、ホンダのフィットを選んで乗り継いでいるのかと言いますと、単純に私の運転が下手だからです。

けれども車を運転しないとめちゃくちゃ不便な地域に住んでいますので、運転は必須事項です。しかし、運転が下手くそだということで、大型車には乗れず、そしてホンダのフィットなわけです。

「じゃあ、軽自動車に乗れば良いじゃん」と思うかもしれませんけれど、軽自動車は車体が軽いので、運転が下手な人間が乗るとかえって危ないということだそうで。そしてだからこそ、普通乗用車の中でもホンダのフィットを選んで乗っているのです。

そして燃費もいいですからね。車体の幅もちょうど良くって、子供の送迎もまあ苦労はしない程度です。ですからこそ、ホンダのフィットを乗り継いでいるわけです。

「ホンダのフィットに決めて乗っている」とはいっても、やっぱり1台の車を20年と乗るのはちょっと厳しいところでしょう。だいたい車は10年を超えたあたりで、ガタが出てくるものですから。そして車検代だって高くなってきますからね。そしてだからこそ、私にしてもホンダのフィットを頃合いをみて売りに出したのです。

ちなみにフィットは新車で購入してから10年を超えた時点で中古車販売会社に買い取ってもらいました。その会社は「ガ」から始まるCMなどでおなじみの会社です。なぜにその中古車販売会社にしたのかと言いますと、単純に「積極的だったから」という理由です。

私は一括見積もりサイトにて、まずは売ろうと思っているフィットに関する情報を入れました。すると、まずはじめに電話がかかってきたのがその会社だったのです。もしかすると、当時住んでいた地域の家の近所だったからということも理由としてあげられるのかもしれませんが。

それで「まあ売りに出すならどこも同じだろう」と思って、まず最初に電話をかけてきてくれた会社に決めたのです。ちなみに、その時点でフィットは走行距離10万キロ超えだったのですが、なんと値段がついたのですよね。

買取価格に10万円という高値(私の中では)をつけてもらえたのです。とても驚きましたよ。「廃車費用がまかなえればいいなー」ぐらいの気持ちで売りに出しましたので。一応、無事故ではあったのですが、気を遣って乗っていなかったもので。

なお、その後にいつも車検に出している自動車整備工場に買い取りを打診したところ「3万円ぐらいならー」という答えでしたので、ものすごく良い金額をつけてもらえたのがわかります。
愛知 車買取

続きを読む

猫ちゃんのために(去勢済み)体重ケアキャットフードを買ってみた

ウチの猫ちゃんは、お家飼いなので、基本的に外でのびのびストレス解消はできません。

そこで、家の中に走り回れる場所や、高いところを用意して、猫ちゃんが快適に過ごせる空間を作っています。それでも、色々悩んだのですが、無駄なストレスを与えないように去勢を行いました。

日々の興奮が減り、前よりも落ち着いた様子の猫ちゃん。

猫じゃらしやレーザポインタを一生懸命おってくれますので、運動はちゃんとしてくれるし、一人遊びも楽しんでやっているようです(^^)

ですが、3年前くらいから、体重の増加が気になっていました。

そこで、ピュリナから「避妊・去勢した猫の体重ケア」というのがでていましたので、こちらのキャットフードを購入しました。

これまで与えていたものより、油脂成分やプロテイン量が少し減っているので、たべてくれるかな~と心配でしたが、ちゃんと食べてくれるので安心です。

また、もともと、少しお腹がゆるかった子だったのが、3ヶ月後のトイレ後を見たら、ゆるさが消えていて変えてよかったなと思っています。そのため、トイレにおいもそれほど気にならなくなり、嬉しい限りです。

ロイヤルカナンよりも少し価格が安いの愛用者にとっては魅力の1つです。

ただ、ここ最近のパッケージのリニューアルに伴い、500gでの個別分包から、まとめてに変わってしまって、、、

4kgだとかなりあるので、一匹の猫ちゃんの消費量だと、保存がきになります。家が5人家族のため、家の冷蔵庫には、常にいっぱい食材が入っています。そのため、キャットフードを保存するスペースが確保できないこともあって、最近は、フリーザパックに小分けして、乾燥剤と一緒に袋にまとめて入れています。

昔のように分包に戻して欲しいなと思っています。

それ以外は、ずーっと飽きずに食べてくれているのと体重管理もしやすくなったと思うので、

ピュリナの「避妊・去勢した猫の体重ケア」は、去勢や避妊をしていない猫ちゃんの体重管理用のキャットフードとしても、おススメかも。

続きを読む

ネコによって、好みのエサは違うようです

cat-968760

うちのペットの猫(3才、茶色のアメリカンショートヘア♂)は、よく食べるのに、とても細身です。さらに、体毛も、もふもふ、と言うかんじよりは、サラサラです。

もう少しふさふさした毛並みにならないかと思い、エサを変えてみました。

今までは、餌は1キロ袋入りのカリカリのエサをあげていました。

ペット用のお皿に、1杯分が一食で、それ以上は食べません。

手ごろな価格のエサなので、毎日それを与えていたのですが、たまにはいいエサをあげてみようと思い、缶詰の餌をあげてみました。

缶詰めの餌は、魚の切り身みたいに本物の生のエサで、美味しそうです。

カリカリの餌の隣に、豪勢においてあげました。

しかし、うちの猫は、美食家ではないのか、缶詰の柔らかいエサにはほとんど振り向きもせずに、カリカリの餌を食べて満腹になって寝てしまいました。

せっかく高いエサを出したのですが、お好みではなかったようですので、次に、カリカリノビタミンミネラルミックスと言う少し高価なエサを与えてみました。

今回は、二つ並べてあげると、いつものエサを食べてしまうだろうと思い、ビタミンミネラルミックスのカリカリだけをお皿に持ってあげました。

うちの猫は、味の違いに気づいたかどうかは不明ですが、いつも通りの量を完食し満腹になって眠ってしまいました。

翌日からは、しばらくの間、試しにビタミンミネラルミックスを与えてみる事にしました。

このエサは、ビタミン、ミネラルだけでなく、栄養のバランスが良く考えられており、良質なタンパク質が主成分のエサであるとの事です。

1か月程度、そのエサを毎日あげました。

猫は、少し太りはじめ、健康そうな体になりました。

今までのような細身の猫ではなく、体毛も心なしか増えて、もふもふになっています。

エサの栄養が良かったようです。

それからは、このエサを与え続けています。

メタボにもならず、丁度良い体型を維持しています。
私のおすすめサイトはこちら→無添加キャットフードおすすめランキング

続きを読む

ダイエット療法食を愛用しています

オシッコから血が出たので病院に連れて行ったところ腎臓に結石ができているといわれました。
パピヨンですがなりやすい種類なので食事療法が必要と診断されました。
そこで病院で紹介されたプリスクリプション・ダイエットのUDというドッグフードを購入して毎日与えることにしました。

このドックフードは粒が硬く、わかいころは噛み砕いていましたが歯周病で歯を20本近く手術で抜歯したからは食べにくいのか残すようになってきました。
そこでお湯を入れて柔らかくしたり、ペンチで噛み砕いて食べやすくすることが日課になっています。
すでに14歳と10か月なので老犬ですが、ドックフードのおかげで長生きできていることは間違いないです。

家族がときどき愛犬がジャンプしながら人間が食べているものを催促するのでついあげてしまいますが、本来は犬の為にはよくないと思っているので、自分は食べさせたことはないです。

黙って愛犬にドックフード以外の食べ物を与えても、外に散歩しているときの糞の状態ですぐに気がつきます。
ドックフードだけの場合はほとんど匂いがしないで手頃な硬さになります。
糞をビニール袋越しでつかむのですぐにわかります。

ドックフード以外では消化しききれていない状態や大体柔らかく下痢気味になります。

最近はドックフードも食べなくなってきているので、加齢により食欲が落ちてきています。
体重もひところはパピヨンにしては体重オーバーで足腰を痛めるのでダイエットしなさいと先生からいわれていましたが、今はすっかりスマートになってしまいました。

ドックフードを勧められてから5年以上経過していますが、確かに血尿がでなくなってきています。
UDは優れたドッグフードだと思っています。

続きを読む