ダイエット療法食を愛用しています

オシッコから血が出たので病院に連れて行ったところ腎臓に結石ができているといわれました。
パピヨンですがなりやすい種類なので食事療法が必要と診断されました。
そこで病院で紹介されたプリスクリプション・ダイエットのUDというドッグフードを購入して毎日与えることにしました。

このドックフードは粒が硬く、わかいころは噛み砕いていましたが歯周病で歯を20本近く手術で抜歯したからは食べにくいのか残すようになってきました。
そこでお湯を入れて柔らかくしたり、ペンチで噛み砕いて食べやすくすることが日課になっています。
すでに14歳と10か月なので老犬ですが、ドックフードのおかげで長生きできていることは間違いないです。

家族がときどき愛犬がジャンプしながら人間が食べているものを催促するのでついあげてしまいますが、本来は犬の為にはよくないと思っているので、自分は食べさせたことはないです。

黙って愛犬にドックフード以外の食べ物を与えても、外に散歩しているときの糞の状態ですぐに気がつきます。
ドックフードだけの場合はほとんど匂いがしないで手頃な硬さになります。
糞をビニール袋越しでつかむのですぐにわかります。

ドックフード以外では消化しききれていない状態や大体柔らかく下痢気味になります。

最近はドックフードも食べなくなってきているので、加齢により食欲が落ちてきています。
体重もひところはパピヨンにしては体重オーバーで足腰を痛めるのでダイエットしなさいと先生からいわれていましたが、今はすっかりスマートになってしまいました。

ドックフードを勧められてから5年以上経過していますが、確かに血尿がでなくなってきています。
UDは優れたドッグフードだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です